うさとの服とは

「うさと」の服はタイやラオスの村々で作られています。

昔ながらの作り方で、糸を手で撚り、手で染め、手で織ります。

その思いを込めた布をさとううさぶろう氏がデザインします。

 

さとううさぶろう氏は元オートクチュールデザイナーで、地球と調和、共振する服を求め2年間世界を放浪してこの布を見つけました。

 

この布達の生命エネルギーを最大限活かすように、宇宙と地球と自然と共振する服をデザインしていきます。

 

それは、

「魂がレベルが向上する服」

外見を飾る為の服づくりではなく、着る人の内面が輝く、いのちのかたまりのような服。

霊性が高まれば、自然と共生していた感覚を思い出し、地球と共鳴し、宇宙エネルギーとも共振できる服。

 

そして、

「うさと」の意味は“宇宙の郷(さと)”です。

 

個人的には、袖を通すと布の安らぎや優しさを、強く感じます。

そして、人間も自然の一部であるという当たり前の感覚がよみがえってきます。

 

素材は大麻(ヘンプ)、コットン、シルク。染めは草木染めで現地の藍、黒檀、マンゴスチン、コチニール等を使用。全て自然の物で、ボタンも貝殻を使っています。(一部機械織りを使用)

 

是非この美しく、優しく、しなやかな地球からの贈り物に、袖を通して戴きたいと思います。   

 

 

◎うさと展示会のご案内はこちら

◎うさと展最新情報はブログにて

 うさと服の入荷状況は、展示会前日のブログで写真をアップ致しま 

 す!

(前日まで私たちも何が入荷するかわからないのです)

 気になる方はチェックしてみてください。

 

◎うさとのHPはこちらです。うさと

セラピストのご紹介

ヒプノセラピスト

ヒプノセラピスト 

砂辺 謙

プロフィール

ブログ

よろしくお願い致します。

セラピスト&サウンドヒーラー

すなべ ともこ

プロフィール

ブログ

よろしくお願い致します。