うさと展のご案内

◆「うさと」の服展&オーガニックマルシェ

2017年5月6日(土)~5月8(月)

・会場  峰琳書道教室

・住所  〒300-1415

     茨城県稲敷市中山4377-24 2階

・駐車場 有り

・時間  10時~18時  

・お問合せ 090-9827-4300 すなべともこ

自然をこよなく愛する仲間が集まって、ゴールデンウィークを

楽しく遊ぼうと思っております。

 

是非皆様のお越しを心よりお待ちしております。

出店者

~Work Shop~

・キャンドル  (JOIE DE VIVRE)

 700円:約30分    

・グリーンバイキング  (Natural garden 陽の樹)

~出店~

・ハンドケア (NA・NAKINE-ナ・ナキネ)

・作務衣、下駄、ショール  (むなや)

・編みかご  (ひまたら企画)

・陶器  (うつわや山の花)

・coffee  (DEER)

・特別栽培イチゴ  (いばらキッス)

 特別価格

・天然酵母パン  (Kazz Kitchen) 6・8日

 卵、乳製品、白砂糖、不使用 植物性

・自然食品と日用品  (岡野商店)6・7日

・自然栽培のお野菜  (浅野農園他)

・ヌーベルマクロビランチ  (カトラリーボックス)7日

 光太郎さんお話会 14:00~

・こだわりcakeバイキング  (麦の薫)8日

 1,000円 12:00~、14:00~

 各8名様 要予約 *予約(山本)090-6122-6725

うさと会場アクセス地図

うさとの服(イメージ)

うさとの服
うさとの服

「うさと」の美しい布達

「うさと」の服はタイやラオスの村々で作られています。昔ながらの作り方で、糸を手で撚り、手で染め、手で織ります。その思いを込めた布をさとううさぶろう氏がデザインします。さとううさぶろう氏は元オートクチュールデザイナーで、地球と調和、共振する服を求め2年間世界を放浪してこの布を見つけました。この布達の生命エネルギーを最大限活かすように、宇宙と地球と自然と共振する服をデザインしていきます。個人的には、袖を通すと布の安らぎや優しさを、強く感じます。そして、人間も自然の一部であるという当たり前の感覚がよみがえってきます。素材は大麻(ヘンプ)、コットン、シルク。染めは草木染めで現地の藍、黒檀、マンゴスチン、コチニール等を使用。全て自然の物で、ボタンも貝殻を使っています。(一部機械織りを使用)

是非この美しく、優しく、しなやかな地球からの贈り物に、袖を通して戴きたいと思います。   うさとのHPはこちらです。うさと

「うさと」のお手入れ (動画)

「うさと」の服のお手入れ(我が家流)の紹介動画です。

「うさと」の服は最初に米ノリがついています。この米ノリをとることと草木染めの色止めのため、塩水で洗う様子を映しています。

動画には映っていませんが、洗った後はネットに入れて、洗濯機で1分から3分程脱水にかけ、陰干しすることをお勧めいたします。特に陰干ししないと、色があせたり、縮んだりすることがあるので、要注意です。

是非快適な「うさと」ライフを!

水で「うさと」を洗うのは気持ちいいですよ~。

セラピストのご紹介

ヒプノセラピスト

ヒプノセラピスト 

砂辺 謙

 

プロフィールはこちら

ブログはこちら

よろしくお願い致します。

セラピスト&サウンドヒーラー

すなべ ともこ

 

プロフィールはこちら

ブログはこちら

よろしくお願い致します。