うさと服の補修について

手織りで草木染のうさとの服は、着心地が良く、長くご愛用いただける洋服です。

それだけに愛着があり着易くなったうさと服は、穴が開いてもなかなか捨てられないですよね。

 

そんな時は、補修用として布の端切れをお渡しすることができます。

全く同じ布をご用意するのは難しいですが、手織り布で近いお色の布をお探しいたします。

 

繕う、という行為は、モノを大切にして愛おしく想う心が原動力になっていると思うのです。

それは、自分自身を大切に扱うことに通じるのではないかな~と感じています。

安価でファストファッションが主流になってきている時代ですが、

大切に愛情を込めて作られた洋服を長く着る、という心地よさをうさとの服は味わわせてもらえますね。

 

繕い布が欲しい方はご連絡下さい。

うさと展にいらしていただけましたら、布の端切れをお渡しできます。

 

うさと服のボタンについて

うさと服のボタンは、最後、土に還るように、貝ボタンか、共布での包みボタンで作られています。

 

もし、取れてなくなってしまったり、包みボタンが壊れてしまったら、、、

 

まず、

①洋服の内側に予備のボタンが縫い付けてありますので、それをお使いくださいね。

 

それも使ってしまった後だったら、

②お取り寄せすることが出来ますので、メールにうさと服の写真を添付して、お知らせ下さい。

包みボタンはうさとジャパンが近いお色の布を探して作ってくれます。

お取り寄せにちょっとお時間はかかってしまうのはご了承くださいね。

 

 

セラピストのご紹介

ヒプノセラピスト

ヒプノセラピスト 

砂辺 謙

 

プロフィールはこちら

ブログはこちら

よろしくお願い致します。

セラピスト&サウンドヒーラー

すなべ ともこ

 

プロフィールはこちら

ブログはこちら

よろしくお願い致します。